2018年・木島平コブ滑走訓練所のプログラム

アクセスカウンター



 ようこそ木島平コブ滑走訓練所へ

デモに習ったけれどきっかけがつかめなった
コブ特訓を謳う専門のキャンプに入門したが、整地の練習ばかりで納得できなかった
一般のスキースクールで不整地を教えて欲しいと志願したが断られた
コブが出来ずに専門スクールに入ったが、周囲は上手い人ばかりで激しい劣等感に襲われた

そんな悩みをお持ちのスキーヤーの「駆け込み寺」を自負しています。

当訓練所の第一の使命は


自己練習が出来るレベルに引き上げること

まり加速していくばかりの歪な地形の中で、あらゆる手段を用いて強いブレーキを掛ながらターンの仕方を理解いただくということになります。
(横滑りの連続を指南するものでは決してありませんのでご安心ください)

初心者対象の講習にありがちな整地練習ばかりでお茶を濁すことはいたしません。
実際、どんなに整地の練習を施したとしても、コブに入ったとたん、まったく役に立たないという経験をお持ちの方が多数おいでです。

しかし木島平コブ滑走訓練所では、すべての練習が確実にコブ滑走に直結するスペシャルメソッドを用います。
それらは決して難解なものではなく、誰もが理解できるきわめて平易なフィーリングに訴える方法論です。


木島平コブ滑走研究所の特長

1.コブでの実践練習が主体
初日午前中は整地での訓練が主体となりますが、午後からはコブの中での実践練習が主体です。徹底した細切れトレーニングにより成功体験を積み上げてゆく独自の手法です。その代わりに相当疲れますのであらかじめご承知おきください。

2.無線遠隔指導
お客様には当方で用意の無線機(特定小電力無線機)を携帯いただきますので、滑走中のリアルタイム遠隔指導を実施。

3.講習後ビデオミーティングつき
講習初日の夜には、講習で撮影した動画を見ながら滑走姿を確認、補足解説をいたします。
一泊することにより、反省→イメージトレーニング→改良のプロセスを経て確実な上達を導きます。


4.独自理論による即効性と対話を重視
講師は宿主です。公認指導員資格はありません。2010年1月まではコブ滑走能力は完全ゼロでした。
それゆえに、どうすれば滑れるようになるのか、経験と記憶が極めて鮮明です。他人の受け売り講釈は一切ありません。
経験上「こぶに対しては手も足も出ない」というスキーヤーを、1日で自己練習が出来るレベルにまで引き上げることが可能です。
指導法の参考とするために、世に出ているあらゆるスキー指導関連メディアに目を通していますが、あくまで自らの経験が指導のベースとなります。
スキー指導にありがちな難解な専門用語も一切使用しません。観念的、抽象的な説明は極力排除してご指導申し上げます。ありがちな一方通行レッスンではなく、受講生との対話を重視します。もし納得できない部分がありましたら遠慮なく遮ってください。可能な限り立ち止まってのトークは簡略化するよう努めていますが、その場合は講習時間を延長するなど、臨機応変な対応を心がけます。
遠くから時間を割いてお越しいただく貴方のために、即効性のある講習をお約束します。


5.傷害保険付
万が一の時に備えて、日本ユースホステル協会管轄のAIU保険の傷害保険に加入していますので安心です。
詳細はお尋ね下さい。

おかげさまで2017年4月までの実施日数延べ255日、参加総数662名、講習総時間751時間となっています。
週末コースはいずれも早い段階での満席が予想されますので、参加ご希望の方はご希望の方はお早めにご相談下さい。 
日中は講習に出ていることがほとんどですので、お電話の場合は20時から22時頃、できますればメールでのお問い合わせをお願いいたしたく存じます。




【共通実施要項】


おひとりさまあたり参加費 *ユースホステル会員は1泊あたり500円引き
基本講習代金 宿泊オプション(下記の3パターンからお選びください)  
男女別相部屋  シングルまたはツイン個室プラン (シングルは先着2名限定) 
@1泊2食付 A前日1泊2食
+当日1泊2食
B前日1泊朝食
+当日1泊2食 
 @1泊2食付 A前日1泊2食
+当日1泊2食
 B前日1泊朝食
+当日1泊2食付 
11,000円  +6,000円 +12,000円 設定なし   +7000円 +14000円   +13000円

*プライベート講習ご希望の方
*1名さまあたり35,000円(2日間の講習代、1泊2食付)→下記開催スケジュールのうち平日に限って承ります。



上記に含まれるもの(1泊または2泊宿泊代食事代、2日講習代、保険料込み、リフト代ならびにランチ代別)
お泊りなしでの通い受講は原則としてお受けできません。
*相部屋プランは前日遅着でのご利用はできません。

定員:7名さま
講習時間:
第一日10:00〜12:00、13:45〜15:45 *夜のビデオ講習会20:00〜21:00
第二日09:30〜12:30 講習後解散 
*当日ご到着の場合は8:00〜8:30の間に当宿へお越しください
*動画ご希望の方は二日目終了後、コピーして差し上げます。メディアをお持ちください(SDまたはUSBメモリ)
最少催行人員:1名さま

*昨年まではリフト券つきにて承っておりましたが、シーズン券や早割券などをお持ちの方が多かったため、今期よりリフト券なしプランでのご案内です。ご希望の方には当宿にて割引クーポンを差し上げております。価格はお尋ねください。
*講習後のお帰りの負担軽減ならびに自主練習時間確保をの狙いから、今期は2日目午前中に3時間の集中特訓を行い、その後解散となります

【早期申し込み特典】
お申し込みは、2017年4月22日から受付開始となります。
各開催期日ともに、前日泊付でお申し込みの先着2名さまに限り、滞在期間中終日リフト券(定価4,600〜8,200円相当)を無料とさせていただきます。
週末を中心に早々と満員となる可能性がありますので、予定が決まりましたらお早めにお申し込みください。

【お申し込み方法】
参加ご希望の場合、メールにて下記をお知らせのうえ、代金(講習代+宿泊料)をお振込みの上お申し込みください。
お振込先は追ってお知らせいたします。
*お名前
*ご住所
*お電話番号
*参加希望期日、到着予定
*スキー歴
*こぶ滑走レベル(できるだけ詳細に)
*受講によって目指したいもの




 木島平開催日程

【開催日】
*注釈のないものは特に参加対象を限定するものではありません。

01。1月06日(土)〜07日(日) 
02.1月08日(月)〜09日(火)
03.1月11日(木)〜12日(金)
04.1月13日(土)〜14日(日) →コブを滑った経験がない。全く出来ない方限定。ただし小回りが出来ることが条件です。
05.1月18日(木)〜19日(金)
06.1月20日(土)〜21日(日) →SAJ1級を受けたことがあるが、70点に達しないという方限定
07.1月22日(月)〜23日(火)
08.1月25日(木)〜26日(金)
09.1月27日(土)〜28日(日) →リピーター限定
10.1月29日(月)〜30日(火)
11.2月03日(土)〜04日(日) →SAJ2級所持者限定
12.2月05日(月)〜06日(火) 
13.2月08日(木)〜09日(金)
14.2月10日(土)〜12日(日) →コブを滑った経験がない。全く出来ない方限定。ただし小回りが出来ることが条件です。
15.2月15日(木)〜16日(金)
16.2月17日(土)〜18日(日) →SAJ1級を受けたことがあるが、70点に達しないという方限定
17.2月19日(日)〜20日(月)
18.2月22日(木)〜23日(金)
19.2月24日(土)〜25日(日) →リピーター限定
20.2月26日(月)〜27日(日)
21.3月03日(土)〜04日(日) →SAJ2級所持者限定
22.3月05日(月)〜06日(火)
23.3月08日(木)〜09日(金)
24.3月10日(土)〜11日(日) →コブを滑った経験がない。全く出来ない方限定。ただし小回りが出来ることが条件です。
25.3月15日(木)〜16日(金)
26.3月17日(土)〜18日(日) →SAJ1級を受けたことがあるが、70点に達しないという方限定
27、3月19日(月)〜20日(火)
28.3月22日(木)〜23日(金) 
29.3月24日(日】〜25日(祝) →リピーター限定
30.3月31日(土)〜4月01日(日) 




 講習の内容と進め方について
まずはコブ滑走のためには必要な「原理」について理解する必要があるのはもちろんですが、現状を分析した上で「何故できないのか、何故上手にできないのか?」について、その理由を追究することから作業が始まります。
これらの作業は受講者の滑走技能に関係なく共通した習得必須事項ですので、いわゆるレベル差に関しては問題にはなりません。

1.初日の午前中、皆さんの滑りを拝見します。大回りと小回りをそれぞれ動画撮影し、皆さんの基本的症状を診断させていただきます。

2.その上でまずはコブ滑走のための大きく分けて2つ原理である

●瞬時の切り替えのための方法論
●常時ズレを発生し続けるための方法論

についてご理解いただきます。
それを踏まえたうえで、午前中はまずストックワークの改善のための徹底した反復訓練、そしてズレを常時発生し続けるための上体の動きと構えについて、さまざまな「実験」を通じて、その重要性を身をもって理解いただきます。





コブ指導にありがちな一方的な「XXすべき」「●●することが大事」などという「べき論」は語りません。私が示すすべての指示はスキーヤーに必ず何らかの利益をもたらすものではなくてはなりません。その観点から、常に「何故?」を念頭に私のインストラクションに従ってください。
理解ができなければ都度その場で講習を遮り質問を投げかけてください。平易な言葉を用い、受講生様が理解できるまでご説明いたします。

3、初日午後からは簡単な溝コブに入り、コブの実践訓練に移行いたします。

ただし連続ターンは3〜7ターンまでです(習熟度に応じて)。徹底した細切れ練習によりコブで必要な操作、運動を正確に行えるよう反復訓練を施します。
この点についてもスキーヤーの技能差には関係なくすべての方が訓練、習得する必要がありますのでやはり「レベル差」についてはあまり問題にはなりません。


4.当日夜に撮影した動画をごらん頂き、さらにナショナルデモをはじめとするコブ滑りDVDを複数ごらんいただきます。何故うまいのか?自分の滑りは何処がいけないのかを比較分析していただきます。そして就寝前には床について改善のためのイメージトレーニングを各自行っていただきます。

5.イメージトレーニングを経ることで翌日には大方のゲストに滑りの変化が見られます。初日に増して滑走本数を稼ぎます。うまくいかなければ細切れターンの基本練習に立ち返ることを基本としています。

6.午後は連続ターンの本数を増やします。トレイン滑走も取り入れつつ、他者の滑りとシンクロすることにより、滑走精度を上げる鍛錬を行います。同時に動画撮影も随時頻繁に行います。